土地活用で得をする

不動産には物件のみならず土地もあり、売買されているのがよく見られます。最近では売買の他に有効活用の方法として太陽光発電や色んなことがされていて、ビジネスに繋げることも出来ます。

未使用の土地

どんなところにも使用されていない土地があります。これが近年ではビジネスや収入で有効活用されることがよく見られています。使っていない土地は有効活用することでどんどん得をします。

需要で収入

需要が収入に繋がるということはどんなビジネスにも言えることで、最近では車の需要がどんどん上がってきていることから駐車場の需要も高くなってきていて、土地活用の一つの方法で利用されています。

どちらにもメリットを

連帯保証人を代行する

一般に家賃保証といった場合、大きく分けて2つの種類があります。1つはサブリースと呼ばれるもので、オーナーから事業会社が物件を借り上げ、それを実際の入居者に転貸するというものです。この場合、たとえ入居者が家賃を滞納してもオーナーは事業会社から家賃を受け取ることになるため、収入が保証されます。もう1つは家賃保証会社と呼ばれる事業者が行う支払保証事業のことです。ここでは後者について記述します。わが国においては、賃貸住宅に入居する際は連帯保証人を立てることを求められるのが古くからの慣行でした。これは入居者に家賃の滞納などがあった場合、代わりに債務履行を求める必要があってのことでした。しかし近年では核家族化や人間関係の希薄化などによって保証人を選定することが困難になるという事例が多発するようになりました。そうした現状に応えて登場したのが、家賃保証会社です。

家主・入居者の双方にメリット

家賃保証会社は家主とは保証契約を、入居者とは保証委託契約を結び、入居者の家賃支払いを保証します。具体的には、入居者に対して毎月契約家賃に一定の手数料を上乗せした額を請求し、収納したのちに家賃分を家主に支払うというスタイルをとります。もし指定期日までに家賃の納入がなかった場合は、家主には立替払いをした上で入居者に対して改めて督促等を行うことになります。つまり家主にとってみれば、家賃収入の保証と回収業務からの解放という2つのメリットを持つことになります。一方、入居者にとっては保証人を立てられないがゆえに賃貸住宅に入居できないという困難を解消することができるメリットがあります。高齢化の進展に伴って身寄りのないお年寄りのアパート暮しなども増加する中、家賃保証事業は今後いっそう需要が増加していくものと予測されています。